なにこれ

GitHub Pagesでブログを開設した後、 どうせならURLも短く覚えてもらいやすいものにしようと思い独自ドメインに切り替えました。 その方法のメモです。 ※(注意)独自ドメイン取得はお金がかかります!!!

手順

1. 独自ドメインを取得する

いつくかサービスはありますが、有名どころのお名前.comで取得します。アクセスして検索窓に、自分のほしい独自ドメインを入力し検索してみます。 他の人が既に取得していなければ、そのまま手続きに進みます。
「早い者勝ちです。」と煽っているわりには takumon.comは誰も使ってなかったので、よほど(taro.comみないなの)でない限り、 自分のほしいドメインはゲットできるのではないでしょうか。

お名前.com

2. DNSレコードを設定する

独自ドメインに対してGitHubがあらかじめ用意しているDNSレコードを設定します。

  • お名前.comでドメインが取得できるとお名前.com Naviという管理コンソールにログインできるようになるので、まずはそこにアクセスします。

  • DNSタブを選択し、ドメインのDNS関連機能設定を選択し、次へボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順1

  • 下記画面で対象の独自ドメインを選択し、次へ進むボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順2

  • DNSレコード設定を利用するの設定ボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順3

  • GitHub 公式サイトに載っている4つのレコードを登録します

    • 登録する4つのレコード

      • 185.199.108.153
      • 185.199.109.153
      • 185.199.110.153
      • 185.199.111.153
    • 具体的には下記にDNSレコードを指定して、追加ボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順4
    • 4つ追加すると下記のような感じになるので、画面下部の確認画面へすすむボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順5
  • こんな感じになっていることを確認して設定するボタンをクリックします。 お名前.comDNS設定手順6

お名前.comの設定は以上です。

3. GitHub Pagesの設定を変更する(Https対応も含む)

いままで http://takumon.github.io/ のようはGitHub Pages標準のURLだったところを準備した独自ドメインに変更します。 GitHubPages設定手順1

  1. GitHubでブログリポジトリのsettingsタブを開き GitHub Pages > Custom domain に準備した独自ドメインを入力しSaveボタンをクリックします。

    • しばらく待ってSettingsタグを開き直すとhttp://独自ドメイン でブログにアクセスできるようになります。
  2. その後 GitHub Pages > Enforce HTTPS にチェックを入れます。
  3. またしばらく待つと https://独自ドメイン でブログにアクセスできるようになります。

※GitHub Pagesの設定は反映までに少し時間がかかったりするので、設定直後はエラーまたは警告メッセージが表示されますが、しばらくたつと解消するので2〜3分ほど待ってみてください。

4. ブログリポジトリにて独自ドメインを設定する

手順3で独自ドメインにアクセスできるようになりますが、再度ブログを記事を更新してgh-pagesブランチにブログをデプロイすると GitHub Pagesの独自ドメイン設定がもとに戻ってしまいます。
これを防ぐためにはブログのリポジトリのstaticフォルダにCNAMEというファイルを格納し、 下記のように独自ドメインを定義します。

takumon.com

そうすることで次回以降デプロイ時もGitHub Pagesの独自ドメイン設定が保たれるようになります。

まとめ

GitHub Pagesの方がHttps対応は用意してくれているので、独自ドメインに対するドメインレコードの設定さえできれば、あとは簡単に、独自ドメイン化+Https化を実現できました。

参考